海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

復活シリーズいよいよ完結! miniQ「AKIRA」第4弾製品サンプルレビュー


劇中と同じ2019年から復刻スタートしたminiQ「AKIRA」シリーズ。完結となる第4弾がいよいよ登場です。

 

今回は金田と鉄雄のラストバトルを中心にした「決戦」がテーマ。

パッケージや、組立ててディスプレイになるカートンボックスのデザインは、原作最終巻と同じオレンジを基調にしたデザインです。

さっそくラインナップを見ていきましょう!

 

 

 

金田とバイク(Ver.3)

人気アイテムの金田のバイク。

今回は崩壊した東京の瓦礫の中での戦いをモチーフにしたアクションシーン。

 

 

ケイ -触媒-

ミヤコ様の能力を中継する触媒となって、アキラが引き起こす災厄の阻止に向かうケイ。

宙に舞うように鉄雄の攻撃をかわす瞬間を立体で切り取った大胆な構成です。

 

 

鉄雄 -攻撃-

能力を暴走させながら、激しい攻撃を仕掛ける鉄雄。

ケイと同様に、空中でのアクションを触手で支えて表現しています。

 

 

大佐

アーミーを失い崩壊後の東京でさすらう大佐。

新たな世界を築く金田たちに対して、旧世代側を象徴するキャラクターとして戦いの結末を見ることに。

 

ここから一連の細部カットでは、それぞれの視線にご注目を。

キャラクターの頭部は指先よりも小さなフィギュアですが、戦いの中で交錯する金田、ケイ、鉄雄、それを見上げるような大佐と、それぞれのポジションを表現する互いの視線がしっかり作り込まれているのです。

 

精細な造形と塗装のこだわりは、細部にまで及んでいます。

金田の手にしたレーザーガンはバイクと同様、未来的な技術をリアルに描写したアイテムとして人気の高いもの。

 

 

ケイ、鉄雄のベースとなっている触手部分は、極彩色の塗装によりグロテスクな迫力が増しています。

 

 

大佐のボロボロになった軍服とマントの汚し塗装に、足元には骸骨も作り込んで世界観を表現。

 

 

さらに、「金田とバイク(Ver.3)」「鉄雄 -攻撃-」「ケイ -触媒-」の3種類を揃えると、組み合わせてディスプレイできるギミックが盛り込まれています。

ケイは取り外して、触手部分を支柱として使用。鉄雄は一部パーツを別の部分に付け替えます。

 

 

空間をたっぷり使って鉄雄と金田の対決を表現した、全高約15センチほどのヴィネットに!

 

 

組み合わせた状態では先述の視線も互いを睨むように一致し、物語の中心となってきた二人の関係が描き出されています!

 

 

ケイは不使用パーツとなるのですが、お好みでベース部分に置いてみても世界観を広げることができますよ。

 

 

第1弾から第4弾まで揃えれば、デスクトップで『AKIRA』の世界を俯瞰することのできる一大コレクションとなります!

予約受付中のminiQ AKIRA PART4.「覚醒」、お見逃しなく!!

 

©MASH・ROOM/KODANSHA ®KODANSHA

-記事構成・文・写真/ TAC☆-

■サイズ

全高約66mm~83mm

■素材

ABS/PVC製

■原型制作

香川雅彦

■価格:6個入りBOX ¥4,080(税抜)

発売時期:2020年発売

 

海洋堂オンラインストアで購入する

 

ページの先頭へもどる