海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

EE新パッケージ版発売中!『破』の活躍を再現するエヴァ2号機レビュー


EVANGELION EVOLUTIONシリーズが、新パッケージ版になって再リリース中。

2月に発売となったラインナップの中から、エヴァ2号機のレビューをお送りします!

 

「これこそ実戦用に造られた、世界初の、本物のエヴァンゲリオンなのよ!」

というわけで2009年公開の『新劇場版:破』で登場したのが、式波・アスカ・ラングレーの乗機として真っ赤な塗装を施された、正規実用型のエヴァンゲリオン。

初号機同様にTVシリーズからリニューアルされたボディのデザインとともに、頭部に追加された2本のツノも新鮮なものでした。

 

 

EVANGELION EVOLUTIONでは、シャープなプロポーションの中に山口勝久が工夫を凝らした可動ギミックを内蔵して、アクションポーズを決めることができます。

 

 

両肩関節はリボルバージョイントのみのシンプルな構造ながら、前後への腕の振りもこのとおり幅広い可動範囲を確保。

肩の装甲は最小の4ミリジョイントで上腕に取り付けてあり、腕を大きく振っても装甲板が上を向くように動かすことができます。

 

 

股関節は前後回転に軸可動、左右への開きにリボルバージョイントを使用する独特の組み合わせに加え、太もも内側に顔づパーツを追加することで、大きく足を開いても隙間の空かない構造となっています。

 

 

劇中シーンを再現する付属アイテムには、まず2本のプログレッシブナイフ。第8の使徒との戦いでコアへ止めを刺すのに使われました。

 

 

初登場シーンの第7の使徒戦で輸送機からの降下に使われたのが「空中挺進専用S型装備」。

 

 

肩装甲と前腕パーツの交換で再現します。

空中での姿勢制御を可能にする翼やブースターノズルも、シャープな仕上がり。

 

 

S型装備と共に使われた「超電磁洋弓銃」も付属します。

 

 

そして巨大な第7、第8の使徒は立体化できませんでしたが、クリア成型の「コア」パーツを絡めることで、劇中の戦闘シーンを表現!

ベースの支柱や足裏に取り付けたり、プログレッシブナイフを突き立てることができます。

 

 

そしていちばんユニークなオプションパーツが、キリモミ回転ベース! 第7の使徒の触手パーツ4本はベース部分に自由に取り付け、根元のジョイントで角度を変えられます。

 

 

支柱に2号機を取り付ければ、触手の攻撃をかわしながら降下する姿となるのですが、さらに下部のハンドルを回すと……!?

 

 

支柱が回転して、華麗なキリモミ回転アクションを再現!!

玩具的なギミックでプレイバリューを広げる、かつてないディスプレイパーツになっています。

 

 

伸身でのキリモミ回転のほか、膝を抱えて横回転できる交換用の支柱パーツも付属。あなたの手で使徒との戦いを再現してお楽しみください!!

 

 

なお新パッケージは、機体ごとのイメージカラーとなっています。

いよいよ公開の迫る『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に向けて、改めてコレクションとして並べるのにも嬉しいデザイン。

 

リアルな造形とユニークなギミック、幅広い楽しみ方が盛り込まれた「エヴァンゲリオン2号機」新パッケージ版は、初号機、零号機(改)と共に好評発売中です!

 

(C)カラー

-構成・文・写真/ TAC☆-

■全高
約140mm
■可動箇所
全22箇所
■ジョイント使用数
全16個
■オプションパーツ
・空中挺進専用S型装備(肩×2)
・空中挺進専用S型装備(前腕×2)
・プログレッシブナイフ×2
・超電磁洋弓銃・アンビリカルケーブル
・空中キリモミ回転ベース
・回転ベース接続パーツ
・第7の使徒触手パーツ×4
・使徒のコアパーツ
・オプションハンド×12
・スペシャルステッカー(60mm)
■原型制作
山口勝久

小売価格¥5,200(税抜)
発売時期:2020年02月発売

海洋堂オンラインストアで購入する

 

ページの先頭へもどる