海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

ワンダーフェスティバル 2020[冬] DGK ワンダちゃん&リセットちゃん(カラー分割・出力キット版)レビュー


2019年12月、「TSUBURAYA CONVENTION 2019」と同時開催された「ワンダーフェスティバル2019[Tsuburaya]」。

おなじみワンフェスのマスコットキャラクター・ワンダちゃんとリセットちゃんも、あずまきよひこ氏描き下ろしのウルトラコスプレ姿で登場。

データ原型から3Dプリンタで出力したデジタルガレージキットとして、フィギュア化・限定販売されました(※写真は塗装見本です)。

その「デジタルガレージキット ワンダちゃん&リセットちゃん(科特隊&U警備隊コスプレVer.)」が、ワンダーフェスティバル2020[冬]で、装いも新たに再登場!

 

 

TSUBURAYAワンフェスで限定販売されたデジタルガレージキットは、このようにグレーの光硬化樹脂で全身を一体パーツとして出力したものでしたが……。

 

 

ワンフェス版では塗装しやすさを考慮して、パーツを分割。

さらに、各パーツを設定カラーに近い成型色で出力しました。

 

 

仕様変更により、サポートから切り離して組み立てるだけでも、このようにキャラクターの雰囲気を楽しめる仕上がりに!

表面処理も最低限で済む滑らかなパーツの精度をご覧ください。

 

素組状態で、それぞれの造形をチェックしてみましょう。

 

 

ワンダちゃんは、『ウルトラマン』から科学特捜隊の制服にコスプレ。

ブレザー風のネクタイとパンツルックを組み合わせた、知的かつ活動的なスタイルとなっています。

 

 

例えば頭部のパーツ構成は、このように7パーツ。ヘルメットのストラップも分割して、バイザーはクリア成型になっています。

 

 

襟元には、主題歌にもある流星マークのバッジ。

腰を入れたポーズがタイトなパンツで強調され、コケティッシュに決まっています。

ヘルメットの下からツンツンと飛び出した髪の複雑な形状が、デジタル造形で再現されています。

 

 

手にしたスーパーガンのシャープなディテールが見どころですが、胸のラインに沿って浮いたネクタイにもつい目が惹かれます。

 

 

リセットちゃんは、『ウルトラセブン』よりウルトラ警備隊のSFチックなスーツ。

ワンダちゃんより大人っぽいリセットちゃんのプロポーションが、一段と強調されています。

 

 

 

胴体のリブや、手足側面のクロスステッチがフェティッシュな魅力を醸し出すU警隊制服のデザイン。

 

 

胴体のリブや、手足側面のクロスステッチがフェティッシュな魅力を醸し出すU警隊制服のデザイン。

 

 

手にはウルトラガン。ホルスターを提げたベルトのバックルには、TDF-UG(地球防衛軍 ウルトラ警備隊)のエンブレムが彫り込まれています。

 

 

ボリュームのある下半身や、全周が一体になっているベルトパーツなど、3Dプリンタならではのパーツ形状を楽しみながら組むことができますよ。

 

カラー成形になった「デジタルガレージキット ワンダちゃん&リセットちゃん(科特隊&U警備隊コスプレVer.)」は、ワンダーフェスティバル2020[冬]限定販売。

デジタル造形と3Dプリンタによるガレージキットの最新スタイルを体験してください!

 

©円谷プロ  ©2019 Wonder Festival Project Office All Rights Reserved.

 

-構成・文・写真/ TAC☆-



原型制作:加藤蓮(Studio-蓮)

サイズ:約15cm(ワンダちゃん)、約16cm(リセットちゃん)

仕様:光硬化樹脂キット

会場販売価格:¥28,000(税込)

発売時期:2020年2月9日 2020[冬]WF会場数量限定発売

 

 

ページの先頭へもどる