海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

木下隆志原型の魅力をそのままにお届け! 「キャラクタークラシックス 帰ってきたウルトラマン」予約開始!!


 

ハイスペックの完成品モデル「Character Classics」シリーズに、『帰ってきたウルトラマン』が登場です。

全高約35センチという迫力あるサイズの、堂々とした立ち姿!

 

 

スーツのデザインは初期に多用されたタイプを再現し、カラータイマー左右の銀色部分が横に広い胸ライン、脛の赤ライン下側の丸みなどが特徴となっています。

 

 

原型はもちろん、デビューよりウルトラマンのリアル造形を追求してきた木下隆志。スーツの構造や素材を細部までリサーチ・再現したスケールモデルとしての造形で、プロポーションにもスーツアクター菊池英一氏の体型を反映しています。

また、これまでコールドキャスト完成品でリリースしてきたキャラクタークラシックスですが、この「帰ってきたウルトラマン」ではレジン成型での量産となりました。

シリコン型を使用した手作業による複製で、原型を正確に再現。フィニッシャーによる塗装も含め、一品ものの作例に限りなく近いアイテムをお届けします。

 

 

がっしりとした菊池英一氏の体格が見て取れる上半身。

 

 

胸の段差やウェットスーツ素材の皺なども、実物の質感を再現したディテールが盛り込まれたものです。

 

 

マスク部分は実物の製作過程そのままに、木下隆志が手掛けたウルトラマンCタイプのマスクを複製した物をベースに口元、耳などのディテールに手を加えたもの。

シャープなエッジで仕上げられた端正な顔立ちは、マニアならずとも惚れ惚れとする美しさがあります。

 

 

 

細長い形状をした目のクリアパーツも同様に実物の製作過程から、左右で共通原型のパーツを使用。小さめの覗き穴形状まで正確に作り込んであります。

 

 

背中のジッパーを隠す“ヒレ”が大きめなのも「帰ってきたウルトラマン」の特徴。後頭部から首にかけてのヨレ具合まで実感のあるディテールで再現しました。

 

 

「ウルトラマン」と違ってセパレートになった手袋とブーツは、撮影時の利便性を優先したものといわれます。赤いラインのある手袋との境目には、下のスーツの手首ジッパーものぞくという作り込み。

 

 

本編撮影ではロングタイプが多く使用されているブーツですが、こちらは足がすらりと長く見えるスタイリッシュな仕上がりを狙い、スチールなどにみられるショートタイプを選択。

 

 

ブーツ後部のジッパーにも、手袋と同様に赤いライン入りとなります。

 

 

目とカラータイマーには電飾も内蔵。特に目の発光用LEDには、実物スーツで使用されたハロゲンランプの色味を再現するものをこだわって選んであります。

 

 

木下隆志による入魂の造形を、そのまま複製・商品化する「Character Classics 帰ってきたウルトラマン」。ただいま予約受付中!

お届けは4月を予定しています。

 

©円谷プロ

 

-記事構成・文・写真/ TAC☆-

 

■サイズ
全高:340mm(本体)

■仕様

・レジンキャスト(本体)

・ポリストーン(ベース)

・マグネット・台座ピン(ステンレス)

・使用電池 LR41 1.5V 2個

■付属品

専用台座

■原型制作

木下隆志

■協力

西村祐次(M1号)

■価格:¥69,800(税抜)

発売時期:2020年04月発売

 

海洋堂オンラインストアで購入する

 
 

ページの先頭へもどる