EVANGELION EVOLUTION EV-004 エヴァンゲリオン Mark.09

EVANGELION EVOLUTION EV-004 エヴァンゲリオン Mark.09
  • EVANGELION EVOLUTION EV-004 エヴァンゲリオン Mark.09


  • 巨大な瞳が可動する高いシステムバリュー
    ヘッド無し状態でも損なわれないボディのアクションバリュー

     

    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」より、アヤナミレイ (仮称) 搭乗機のエヴァンゲリオンMark.09のアクションフィギュア。
    異彩を放つ大きなカメラアイは可動を実現。赤い瞳はクリアパーツで成型します。
    全方位に目線を調節することができ、劇中の印象的な登場シーンを再現できます。
    エヴァ8号機βによって破壊された後の、「ヘッドを切り落とされた状態」にできる首パーツも付属!
    エヴァ改2号機、エヴァ8号機βと渡り合った際に武器とした大型の鎌を装備。
    劇中バトルシーンの舞台、セントラルドグマ最深部を模した台座が付属。台座は今後発売するエヴァ第13号機やエヴァ改02号機にも使用可能です。
    腹部は3段の蛇腹構造。股間部に軟質素材を使用し、しなるように可動します。
    専用の鎌持ち手に加え、つかむ、握る、抑える、走る等、様ーな演技の交換ハンド6個が付属。
    しなやかに、より動かしやすくアレンジした、可動構造をご堪能ください。

     

    リボルテック エヴァンゲリオンシリーズが海洋堂の定番ブランドとして再編&新展開

     

    【リボルテック エヴァシリーズの定番化】
    2006年のリボルテック誕生当初より中心的存在であった「エヴァンゲリオン」シリーズ。
    その可動と造形を総て見直し、新発想のギミックを加え、それまで以上にプレイバリューを向上させ、新たなるスタンダードとして進化した決定版が2011年から展開した「エヴァンゲリオン・エヴォリューション」です。
    最初に発売されたエヴァンゲリオン初号機は「史上最高のエヴァアクション」とユーザーから呼ばれる程の高評価を得ました。

    リボルテックシリーズで展開していた「エヴァンゲリオン・エヴォリューション」は、そのシリーズタイトルをブランド名として継承し、海洋堂のスタンダードシリーズとして再編します。
    今後のエヴァンゲリオンの新作アイテムも、このブランドでリボルテック展開します。

     

    【海洋堂にとってのエヴァンゲリオン】
    海洋堂とエヴァンゲリオンは切っても切れない関係にあります。
    1995年のTV放送開始時、当時ガレージキットメーカーだった海洋堂は、すべての造形師を投入した商品展開を行いました。
    以後アクションフィギュア、カプセルトイなど広いマスでの商品展開を行いますが、その中で重要なピースとして必ずエヴァンゲリオンを取り扱ってきました。
    海洋堂にとってエヴァンゲリオンは数あるアニメ作品の1タイトルではなく、海洋堂のスタンダードタイトルとして捉えています。

     

    (C)カラー

商品スペック

■全高:約140mm
■可動箇所 全22箇所
■ジョイント使用数 全16個

■オプションパーツ
頭部交換ヘッド
大鎌
オプションハンド×6
台座
ディスプレイスタンドセット
スタンド補助部品
エフェクトパーツ
■原型制作
山口勝久

購入について

希望小売価格¥4,968(税込)
発売時期:2017年11月発売

海洋堂オンラインショップで購入するamazonで購入する

※商品の在庫状況によってはご予約・お買い上げいただけない場合がございます。
予めご了承の程、お願い申し上げます。

ページの先頭へもどる