海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

『ズートピア』から、主人公のジュディがムービーリボで発売!


2016年に公開されたディズニーアニメ『ズートピア』から、主人公のジュディがムービーリボで発売となります!

夢をあきらめないという前向きなテーマやコミカルな展開と同時に、
人種間の偏見について深く考えさせられるストーリーも大きな魅力の名作。
劇中でみせるさまざまな表情が楽しめる仕上がりを、製品サンプルでご覧いただきましょう。 

s171205_001_DSC03692

肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市「ズートピア」で、
子供の頃からの夢だったウサギ初の警察官になったジュディ。

全高は約10センチ(耳は含まず)と、小柄な彼女をコンパクトに再現しています。

 

 

 

s171205_002_DSC03717

カートゥーン風にデフォルメされたボディラインを、劇中イメージ通りに立体化。
頭部はCGのフサフサな毛並みをディテールと柔らかな彩色で表現し、
腰周りのポーチなど警官の装備はかっちりとリアルな仕上がりになっています。

 

 

 

 

 

s171205_003_DSC03731

s171205_004_DSC03712

交換可能な顔パーツには、眼球可動ギミックを搭載。
大きな瞳だけに、視線による演出の効果も高くなっていますよ。

 

 

 

 

 

 

s171205_005_DSC03708

劇中での表情を再現した顔パーツは、ハツラツとした通常顔のほかに4種類が付属。
もちろん全てに眼球可動ギミック入りです。

こちらはウサギらしい前歯を見せた「得意げ顔」。

 

 

 

 

 

 

 

s171205_006_DSC03723

s171205_007_DSC03725

「驚き顔」と「悲しみ顔」も、ポーズによる芝居の幅が広い表情ですね。
手首は左右とも握りと平手に、右のアイテム持ち手が付属します。

 

 

 

 

 

 

s171205_008_DSC03699

そして機転で困難を乗り越えるシーンでみせる、印象的な「気取り顔」。
後に紹介する手持ちアイテムと合わせるのにもピッタリです。

 

 

 

 

 

 

s171205_009_DSC03714

s171205_010_DSC03690

全身の可動は尻尾を含めた14個の可動ジョイントと、胸、腰、股関節にはボールジョイントを使用。
椅子の上でのお座りポーズや、犯人を追うアクションもこのとおり!

耳まで動いて、感情に合わせて上下する様子や、アクションでのなびきなどを表現できます。

なお、手足などの可動ジョイントは抜けない仕様ですが、首のジョイントのみ抜き差しが可能となっています。
頭部を外すことで顔パーツの交換がしやすくなるほか、
ジョイントの向きを変えることで横に首をかしげるなど表情付けの幅を広げられるんです。

 

 

 

 

 

 

s171205_011_DSC03704

そして手持ちアイテムとして、重要なシーンで使われる録音機能付きのにんじんペンが付属!
気取り顔と合わせれば、「詐欺師って呼んでくれる?」の名セリフが聞こえてくるようです。

 

 

 

 

 

 

s171205_012_DSC03705

警察署の同僚にグータッチを求めたり……。

 

 

 

 

 

s171205_013_DSC03694

ニックに脅かされて、思わず腰の「キツネ除け」スプレーに手を伸ばしてしまうシーンも。

豊富な表情パーツと可動で、明るいジュディも悩むジュディも表現できる仕様となっています!

 

 

 

 

 

s171205_014_DSC03734

というわけで『ズートピア』から新米警官のジュディは12月発売!!

価格¥6,458(税込)
発売時期:2017年12月発売

 

t

 

もちろん、相棒のニックもムービーリボに登場しますので、楽しみにお待ちください!

© Disney

 

●構成・文・写真/ TAC☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へもどる