海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

タケヤ式自在置物より、荒ぶる鬼神「阿修羅」のレビューをお届けします!


タケヤ式自在置物より、荒ぶる鬼神「阿修羅」の製品レビューをお届けします!

20190128_001-DSC07733

以前のリボルテックタケヤシリーズでも人気の高かった阿修羅が、タケヤ式自在置物の新仕様となって登場!

全身に纏った衣装、6本の腕をはじめとする肉体は、リボルテックタケヤ版からよりメリハリの利いた造形となり、

基本の立ち姿でも荒々しさを感じさせる力強い仕上がりとなっています。

 

 

 

20190128_002-DSC07750

着彩版は、赤い肌にすみれ色、若草色、金の衣装という極彩色に、年月を経た木像の塗装剥げをイメージしたフィニッシュ。

 

 

 

20190128_003-DSC07744

髪を逆立てた頭部の三面は、それぞれ激しさの中にも様々な感情が表現されています。

正面の顔には、仏と出会った喜びと驚きの入り混じった表情。

 

 

 

20190128_004-DSC07746

右の顔には悲しみの表情。

 

 

 

20190128_005-DSC07748

左の顔には自らの行いを省みる悔恨の表情。

古代には高位の善神だったアスラが、ヒンドゥー教では怒りに身を任せ帝釈天と敵対する邪神とされ、仏教に出会ってからは闘争の性質はそのままに守護神・阿修羅となりました。

繊細な表情には、そのような経緯の深みも彫り込まれています。

 

 

 

20190128_006-DSC07755

6本の腕が手にする持物は、上方に広げた手に水晶、下した手に弓と矢、そして中央の手は胸の前で合掌した形を基本とします。

 

 

 

20190128_007-DSC07765

そして、自在置物ですからもちろん全身フル可動!

合掌した手首を交換して、6本の腕によるバトルアクションを楽しむことができます。

 

 

 

20190128_008-DSC07767

衣装はすべて軟質素材で、下半身も左右に広がる帯などがジョイントで可動。大胆な足の動きを可能にしています。

 

 

 

20190128_009-DSC07769

20190128_010-DSC07771

胸元と腰で分割された胴体も、左右への捻りや屈むポーズをとることができます。

逞しい6本の腕にバランスよくポーズを付けるには、左右の腕いずれか1本ずつを対として見ながら、一組ずつ動きを考えるといい感じになりますよ。

 

 

 

 

20190128_011-DSC07763

交換用の手首は左右2種ずつの計4種が付属。

 

 

 

20190128_012-DSC07777

20190128_013-DSC07778

それぞれの交換用手首には、先に発売された「タケヤ式自在置物 金剛夜叉明王」などの持物を持たせられるようになっています。

ここでは、「タケヤ式自在置物 軍荼利明王」に付属の鉾、三鈷杵、戦輪、鉤を持たせてみました!

 

 

 

20190128_014-DSC07780

カプセルトイのドクロマンと組み合わせて、群がる亡者をちぎっては投げ踏みつける、八面六臂ならぬ三面六臂の戦いぶりなども!

 

 

 

20190128_015-DSC07757

さらに、着彩版と同時発売になるのはこちらの黒銅版。

 

 

 

20190128_016-DSC07759

名称のとおり、黒ずんだ銅をイメージした塗装で、渋く重厚なイメージになっています。

 

 

 

20190128_017-DSC07761

メタリックな質感を活かすためのシャドー塗装も、着彩版とは全く違った仕上げです。

 

 

 

20190128_018-DSC07783

激情に身を任せた戦神、タケヤ式自在置物最新作「 阿修羅」、ただいま発売中!

着彩と黒銅の2バージョンを並べてもカッコいいですよ!!

タケヤ式自在置物  阿修羅

税込:7,344円

 
  
  
  
  

 

btn_online_o

 

 

ページの先頭へもどる