海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

「エヴァンゲリオン エヴォリューション」2017年11月発売アイテム その2


Mark.6に続いてお送りする、「エヴァンゲリオン エヴォリューション」新作の製品レビュー。

シリーズ第4弾は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』より、アヤナミレイ (仮称) が搭乗したエヴァンゲリオンMark.09です。

●構成・文・写真/ TAC☆

s017_DSC02154

劇中では、ヴィレに確保されたシンジを求めてヴンダーを強襲した際に初登場。
頭部を失っても支障なく活動するなど、特異な点が目立ちました。

 

 

 

 

s018_DSC02147s019_DSC02148

零号機を思わせるデザインですが、『破』までのEVAシリーズとは異なるプロポーションを完全新規造形で再現しています。

 

 

 

 

s020_DSC02158

s021_DSC02163

もちろん、可動も万全。股関節はシンプルにリボルバージョイントのみを使用しながら、
軟質素材の使用と、山口式独自の軸角度により全方位へ幅広い可動域を確保。

 

 

 

 

s022_DSC02156

s023_DSC02165

胴体も軟質素材とリボルバージョイントの組み合わせでフレキシブルに可動して、
エヴァならではの生物的な動きを表現しています。

 

 

 

 

s024_DSC02152

s025_DSC02162

Mark.9の大きな特徴が、頭部の一つ目。独立した球体が埋め込まれた構造を設定そのままに再現。
目玉がぎょろりと動く不気味な表情付けが可能になっていますよ。

 

 

 

 

s026_DSC02167

s027_DSC02169

s028_DSC02173

そして、頭部無し状態も首パーツの交換で再現! 
さらに第13号機に随伴した際に携えた大型の鎌と、セントラルドグマの底を埋め尽くした骸骨のベースが付属します。

 

 

 

 

s029_DSC02171

s030_DSC02175

鎌を持つための手首は、手のひらと水平方向の可動軸を搭載。
鎌を振る動きが表現しやすくなっています。全身の可動と合わせ、大胆なポージングが可能!!

 

 

 

 

s031_DSC02183

「これが命令。」

Mark.6と組み合わせれば、第12の使徒を出現させるために首をはねた衝撃のシーンも!!

 

なお、エヴァンゲリオン エヴォリューションシリーズの第13号機も予約受付中です。

謎の多い『新劇場版:Q』のストーリーの中でも、気になる存在。もうすぐ発売となる
「EVANGELION EVOLUTION EV-004 エヴァンゲリオン Mark.09」で、深まる謎に思いをはせるのはいかがでしょう?

 

 

 

 

ページの先頭へもどる