海洋堂広報ブログ

海洋堂によるフィギュア製品の開発記や広告・商品リリースでは伝えきれない薦めポイント、最新情報&裏話をチラリとお見せする号外コーナー

アメイジングヤマグチウルヴァリン 製品レビュー


「黄色いタイツがよかったか?」は映画『X-MEN』でのサイクロプスの台詞でしたが。
アメイジングヤマグチシリーズに、コミック版の黄色いコスチューム姿のウルヴァリンが登場します!!

●構成・文・写真/ TAC☆

s20170912_001s20170912_002
小柄ながらガッチリとした体躯。ブ厚く張り詰めた筋肉は、深いカットに浮き出した血管まで迫力満点の造形となっています!!

s20170912_003
への字に口を閉じた、なんとも不機嫌そうな通常顔。

マスク越しの眉間のシワなども、リアルな仕上がりですね。頭部はこの他、交換用の2種類が付属します。

 

 

 

 

s20170912_004
こちらは、唸りが聞こえてきそうな食いしばり顔。

左右非対称の表情は、見るアングルによっても違ったニュアンスを演出することができます。

 

 

 

 

 

 

s20170912_005

咆哮顔は、開いた口の中の歯まで丹念に造形されて大迫力!!

いずれも頭部丸ごとの交換となります。そして交換パーツにはもちろんこの……

 

 

                   \SNIKT!/

 

 

s20170912_006

ウルヴァリンの代名詞ともいえる、アダマンチウムの爪!!

握り手、開き手の手の甲を交換することで、爪を伸ばした状態を再現することができます。

 

 

 

 

s20170912_007

両手の爪で襲い掛からんとするアクションポーズもアメイジングヤマグチならこれまでにない迫力で決められます!

 

では、可動のポイントをひとつずつ見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

s20170912_008
まずは両肩。

肩甲骨から分割することで、両肩を付け根から前後へ大きく動かすことのできる構造です。

ウルヴァリンの両手を振りかざすアクションには、まさにうってつけの可動。

 

 

 

 

 

s20170912_009

分厚い胸板と太い腕にもかかわらず、胸の前で深く腕をクロスするようなポーズもこなせます。

肩の肩の付け根は6ミリダブルジョイントを使用。これもアメイジングヤマグチではすでにおなじみの仕様ですが、
青い肩カバーを別パーツにすることで、このようにほとんどジョイントが目立たないようになっています。

 

 

 

 

 


s20170912_010

股関節は、付け根のボールジョイントと太もものモノシャフトの組み合わせで、180°以上の開脚が可能。

膝は保持力を重視した軸可動。つま先まで可動するほか、ブーツ部分にもボールジョイントが仕込まれていて、

人体の「しなり」を表現することができるのです。

 

 

 

 

s20170912_011

ファストボールスペシャル!!

両手をかざし、顔を上げたポーズもなんなくこなせるのは、両肩にくわえて首の可動の広さがポイント。

s20170912_012

 

 

 

 

 

s20170912_013

ほぼ真上から、真下に向けるぐらい深くうつむいた状態まで、

胴の反り・屈みと併せてじつに幅広い動きが表現できるのです。

 

 

 

 

s20170912_014

むろん可動範囲の広さだけでなく、表現したい動きに合わせたプロポーションの造形も山口式可動の秘密ですよ!

「ところでこのブログを見てくれてる大きい良い子のみんなー! とーぜんオレちゃんも持ってるよねー?」

 

 

 

 

s20170912_015

そんなわけで、出たがりのデッドプールとも並べてみましょう(笑)。

ウルヴァリンはデッドプールよりも頭ひとつ分ほど小柄になっているんです。

 

 

 

 

s20170912_016

そして付属品にはもう一つ、ジョイントで3ミリ穴に取り付けられる切り裂きエフェクトパーツも!

このように、いろんなフィギュアに取り付けてウルヴァリンの爪の餌食にすることができますよ。

 

 

 

 

 

 

s20170912_017

単体で遊ぶ時は、ディスプレイベースの支柱に取り付けてもOKです。

 

 

 

 

s20170912_018

また、汎用の握り手にデッドプールの刀を持たせるなんて遊び方も。

日本にはなにかと縁の深いウルヴァリンだけに、刀も意外と似合ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

s20170912_019

映画では実現しなかった黄色いコスチュームの「アメイジングヤマグチ ウルヴァリン」は9月発売。

山口式可動ならではの大胆なアクションを、ぜひお手元でどうぞ!!

 

 

 

保存

ページの先頭へもどる