ソフビトイボックス 015A ツチノコ

170524_01
  • ソフビトイボックス 015A ツチノコ


  • 古来から日本に伝わるツチノコのイメージを現在の考証で“リアル”に具現化!

     

    江戸時代から伝わる日本のUMA、ツチノコ。

    そのイメージを踏襲しつつも、実在する爬虫類の要素を盛り込み、「本当にツチノコが存在したらどうなるか?」を考証しリアル志向で造形。

     

    造形アドバイス、デザイン監修を松村しのぶが担当し、造形は新鋭動物造形師・吉良かずやが担当。

    過去の目撃情報から、ツチノコをヘビともトカゲともつかぬ謎の爬虫類、と想定してデザイン、恐ろしげな面構えはマムシなど毒蛇の特徴を強調。

    接合部の位置、角度を調整し、ツチノコが実在したら? と想定したポーズを想像し再現。

     

    体表のくさり模様は、関節前後の模様を馴染ませることで、様々なポーズをつけても不自然にならないよう配慮している。

    ・正体不明かつ、危険な生物でもあるツチノコの頭部は、マムシなどの毒蛇をモデルに、眼も特徴的な「猫眼」となっている。

    ・大きく開く口中は、コブラやマツカサトカゲをモデルに、それぞれ生き物造型として高い説得力を持たせている。

    ・大胆に配置された間接部により、ツチノコが実在した場合のしぐさ、有名な「丸まる」姿勢も再現可能。

     

    ©KAIYODO

商品スペック

■サイズ

・全長約134mm(基本姿勢時)

・全長約227mm(最長時)

 

■可動箇所:全4箇所

■原型制作
吉良かずや(株式会社奇想天外)

購入について

希望小売価格¥3218(税込)
発売時期:2017年9月

海洋堂オンラインショップで購入するamazonで購入する

※商品の在庫状況によってはご予約・お買い上げいただけない場合がございます。
予めご了承の程、お願い申し上げます。

ページの先頭へもどる